宮地楽器特選品 MIYAJI SELECTION

Charles Brugère(シャルル・ブルジェール) ヴァイオリン

SOLDOUT

製作地
Paris
製作年
1902年
ボディサイズ
357mm
鑑定書
J.J.Rampal

スタッフより

Brugèreは独立後、すべてのマスターメイドの楽器にナンバーを記しており、今回入荷の作品にはNo.99と記載されています。均整のとれた美しいストラディヴァリモデルで、質感のあるオイルニス、技術の高さを窺わせるスクロールなど、このメーカーのレベルの高さを感じることができます。 しっとりとした落ち着いた響きでありながら、その音は驚くほどの遠達性を持っており、コンサートで十分使用できる楽器と言えます。

製作者について

Charles Brugère( シャルル・ブルジェール)

1865年にミルクールで生まれたBrugèreは、リヨンの Paul Blanchard や、パリの Paul Bailly らと共に仕事をすることでキャリアを重ね、Gand&Bernardel 工房でその腕をふるいました。自身の工房を設立してからは、ストラディヴァリをはじめとしたオールドの名器をモデルに傑作を世に送り出し、引退してからもなお、後進に影響を与え続けました。
彼の作品は、常に最高の材料を使用し、緻密なウッドワークと上品なオイルニスで仕上げられており、20世紀初頭のパリで最も重要なメーカーの一人とされています。

過去の作品 PAST WORKS

【ヴァイオリン】1902年

音色をお楽しみいただけます 演奏:御子柴 ことみ
(小金井店販売スタッフ)