宮地楽器小金井店弦楽器部門
チャイコフスキーコンクール

チャイコフスキー・コンクール(2007) バイオリン製作部門で日本人3名が上位を独占
菊田浩氏が1位を獲得、また2位に高橋明氏、4位には天野年員氏がそれぞれ入賞

モスクワで4年に1度開催されるチャイコフスキー・コンクールは、ピアノ、バイオリン、チェロ、声楽の演奏を志す者にとって、 世界最大の難関として知られているコンクールであるが、その中に弦楽器製作部門というものがあるのを御存知だろうか。 こちらも、楽器製作を志す者にとっては最難関のコンクールのひとつとして知られている。

今月(6月)初旬から始まったこの弦楽器製作コンクールで、日本人製作家が大きな成果を挙げた。
バイオリン部門で、菊田浩氏が1位を獲得、また2位に高橋明氏、4位には天野年員氏がそれぞれ入賞を果たした。


チャイコフスキー・コンクール1位の菊田浩氏
1位の菊田浩氏
→プロフィール・作品紹介
チャイコフスキー・コンクール2位の高橋明氏
2位の高橋明氏
→プロフィール・作品紹介
チャイコフスキー・コンクール4位の天野年員氏
4位の天野年員氏
→プロフィール・作品紹介

このコンクールは他にもビオラ、チェロ、そしてそれぞれの弓部門と合計6つの部門に分かれているが、
バイオリン部門で日本人が優勝したのは今回が初めて。


菊田氏作品例
菊田氏作品例
優勝の菊田浩氏は、現在イタリアのクレモナに在住。
バイオリン製作家を志し、6年前に勤めていた会社を退職し、クレモナへ留学。
現在も師匠のニコラ・ラザーリ氏のもとで製作活動に励んでいる。
なお、菊田氏は昨年開催されたポーランドのヴィエニアフスキー・国際バイオリン製作コンクールでも優勝しており、その実力が高く評価されている。

また、2位の高橋明氏、4位の天野年員氏も現在イタリアのクレモナに在住。
3人とも、それぞれ強い決意と共にイタリアへ渡った仲間であり、ライバルでもある。

ヨーロッパで誕生し、クラシック音楽の発展と共に人々に愛されてきたバイオリン。
その作りの美しさ、音の美しさを競うコンクールで、日本人製作家3名が上位を独占したことは非常に喜ばしい。

天野氏作品例
天野氏作品例
高橋氏作品例
高橋氏作品例

報告:宮地楽器 小金井店 山本岳志   



関連記事: 毎日新聞(2007/6/14) / 中日新聞(2007/6/14) / 
 日経新聞(2007/8/20)

フジテレビ『めざましテレビ』(6/15) 菊田浩氏が出演されました

* 今回の入賞者3名のバイオリンは、宮地楽器小金井店にて試奏することができます。

(お問合せ先)宮地楽器 小金井店




〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10
宮地楽器小金井店ショールーム 弦楽器部門
電話 042−385−5585   Fax 042−388−1188  
お問い合わせメール 所在地地図・交通
営業時間 10:00 〜 19:00  *年末年始・夏期の一部を除き年中無休