宮地楽器特選品 MIYAJI SELECTION

J.T.L.(ジェローム・ティブヴィル・ラミー) チェロ

販売価格
2,200,000円 (本体価格 2,000,000円)
製作地
Mirecourt
製作年
1925年頃
ボディサイズ
757mm

スタッフより

典型的なJ.T.L.工房の作品と言えるでしょう。標準的なサイズで、日本人の体格にも負担にならないボディです。100年を経た楽器ならではの枯れた音色を持ち、柔らかく、ロマンチックな表現が可能です。発音も良く、弾き心地や音色を中心に選ぶプレイヤー向きです。

J.T.L.(ジェローム・ティブヴィル・ラミー) 7/8 ヴァイオリン

SOLDOUT

製作地
Mirecourt
製作年
1900年頃
ボディサイズ
348mm

スタッフより

J.T.L工房によるやや小ぶりな7/8サイズのヴァイオリンです。
フレンチヴァイオリンらしいしっかりとした骨格に、美しいオレンジブラウンのニスを纏っています。とても取り回しが良く弾きやすいサイズですが、フルサイズのヴァイオリンにも全く引けを取らないパワフルな音量と古い楽器特有の枯れた歯切れの良さを備えています。
当工房にて丁寧に調整を施しています。リーズナブルな価格でお求めいただけるアンティーク・フレンチヴァイオリンとしておすすめいたします。

製作者について

J.T.L.(ジェローム・ティブヴィル・ラミー)

J.T.L.(Jerome Thibouville Lamy/ジェローム・ティブヴィル・ラミー)の工房は、19世紀終わりから20世紀前半にかけ、たくさんの種類の弦楽器を製作したことで有名です。当時、フランス中からJ.T.L.ブランドの楽器や弓を製作するために職人が集められました。楽器のランクに応じて、様々なラベルが使用されています。

過去の作品 PAST WORKS

【ヴィオラ】1900年頃

【ヴァイオリン】1900-1910年頃

音色をお楽しみいただけます 演奏:御子柴 ことみ
(小金井店販売スタッフ)

【ヴァイオリン】1900年頃

音色をお楽しみいただけます 演奏:御子柴 ことみ
(小金井店販売スタッフ)