宮地楽器特選品 MIYAJI SELECTION

Paul Bailly(ポール・バイリー) ヴァイオリン

SOLDOUT

製作地
Paris
製作年
1884年
ボディサイズ
356mm
鑑定書
J.J.Rampal

音色をお楽しみいただけます 演奏:三好 悠
(小金井店販売スタッフ)

スタッフより

均整の取れたストラディヴァリモデルで製作されており、十分な音量と明瞭な響きを持っています。パワーを必要とするソリスト、オーケストラプレイヤーにぴったりで、専門家にも自信を持ってお薦め致します。

製作者について

Paul Bailly(ポール・バイリー)

Paul Baillyは、そのキャリアの初期にJ.B.Vuillaumeの弟子となり、アシスタントを務めました。
生まれ故郷のミルクールからパリへ、そしてブリュッセルやロンドン、再びパリへと活躍の場を変え続けたPaulですが、ラベルには常にVuillaumeの弟子であることを明記し続けました。
1915年に亡くなるまでの間に膨大な数の名器を残し、また娘のJennyも優れた製作家となりました。