チェロフェア 2月18日(土)~26日(日)

宮地楽器はおかげさまで今年、
創業100周年を迎えます。
毎年恒例となりましたチェロフェアも、
今年は100周年記念と致しまして、
大変お得な特価品や極上のハンドメイド品を
多数取り揃えます。
これから始められる方から上級者の方まで
ご満足頂けるラインナップとなっておりますので、
この機会にぜひお越し下さいませ。

※価格は全て税込みです

特選ハンドメイドチェロ

Piergiuseppe Esposti

Piergiuseppe Esposti
(ピエールジュゼッペ・エスポスティ)

通常販売価格 3,240,000円 特価 2,700,000円

製作年 2017年

製作地 Cremona

やや細身のストラディヴァリモデルで、小ぶりな印象を与えますが、実際には驚くほど充実した音色と音量を持ち合わせています。深い音楽性を感じさせる独特の音色を持っており、弾くごとに新しい発見がある楽器です。長く付き合ってみたくなる1本と言えるでしょう。

製作者について 1952年クレモナ生まれ。巨匠 Pietro Sgarabotto の教えを受け、最優秀の成績でクレモナの国立弦楽器製作学校を卒業しました。その後オールドクレモナスタイルの研究に没頭し、特にニスの研究に関しては一目置かれる存在となります。また、コントラバスの製作に関しても早くから周囲の尊敬を集めるようになりました。1975年には若くしてクレモナの製作学校で実技指導を任され、80年代にはリグーリア州主催のヴァイオリン製作コースの責任者を務めました。日本での知名度はそれほど高くありませんが、Sgarabotto など20世紀の巨匠の雰囲気を現代へ繋ぐ、知る人ぞ知る名工です。

Piergiuseppe Esposti(ピエールジュゼッペ・エスポスティ)
  • くわしく読む
  • 閉じる

Riccarda Dacquati

Riccarda Dacquati
(リッカルダ・ダクアッティ)

通常販売価格 3,456,000円 特価 2,900,000円

製作年 2014年

製作地 Cremona

鮮やかなレッドブラウンのニスと裏板の杢が美しい作品。イタリアンらしい、伸びやかで歌心のある音色です。弾き込むほどにますます音色に磨きがかかることを予感させる、弾き応えある作品です。

製作者について 1971年クレモナ生まれ。15歳でクレモナの国立弦楽器製作学校に入学し、卒業後はジョルジョ・スコラーリ氏に師事。同時に、ダニエレ・スコラーリ氏にも教えを受けています。 この期間、バニャカヴァッロ弦楽器コンテストや、クレモナトリエンナーレにも意欲的に参加しています。現在は自身の工房を持ち、メジャーな銘器のスタイルを踏襲しつつも、新たな弦楽器作りの可能性を追求し、日々研究しています。

Riccarda Dacquati(リッカルダ・ダクアッティ)
  • くわしく読む
  • 閉じる

西村 翔太郎

西村 翔太郎
(にしむら しょうたろう)

1,512,000円

◆ストラドモデル


製作年 2016年

製作地 Cremona

2016年の弦楽器フェアに出品され、高評価を得た作品です。
コンパクトなストラディヴァリモデルですが、明るく力強い音色と十分な音量を誇ります。小ぶりで扱いやすいチェロをお探しの方に特にお薦め致します。

>音色視聴のページへ

製作者について 1983年京都府生まれ。2000年にヴァイオリン製作を始め、2002年にミラノ市立ヴァイオリン製作学校に入学。製作をパオラ・ヴェッキオ、ジョルジョ・カッシアーニ両氏に、ニス塗装技術をマルコ・イメール・ピッチノッティ氏に師事。現在、クレモナにてダヴィデ・ソーラ氏に師事しながら製作活動に励んでいます 2010年イタリア国内弦楽器製作コンクール一般部門において、ヴァイオリン部門で優勝と同時にヴィオラ部門で第3位を受賞するなど、今後の活躍が期待される若手製作家です。

西村 翔太郎(にしむら しょうたろう)
  • くわしく読む
  • 閉じる

西村 翔太郎
(にしむら しょうたろう)

1,512,000円

◆ゴフリラモデル


製作年 2016年

製作地 Cremona

チェロの名器、ゴフリラを基に設計したオリジナルモデル。
下半身の幅をやや広く設計することで、弾きやすさとボリュームの両立を目指したものです。特に低音の充実ぶりには驚かされます。
オーケストラはもちろん、ソロでも十分通用する完成度です。

>音色視聴のページへ

製作者について 1983年京都府生まれ。2000年にヴァイオリン製作を始め、2002年にミラノ市立ヴァイオリン製作学校に入学。製作をパオラ・ヴェッキオ、ジョルジョ・カッシアーニ両氏に、ニス塗装技術をマルコ・イメール・ピッチノッティ氏に師事。現在、クレモナにてダヴィデ・ソーラ氏に師事しながら製作活動に励んでいます。2010年イタリア国内弦楽器製作コンクール一般部門において、ヴァイオリン部門で優勝と同時にヴィオラ部門で第3位を受賞するなど、今後の活躍が期待される若手製作家です。

西村 翔太郎(にしむら しょうたろう)
  • くわしく読む
  • 閉じる

清水 ちひろ

清水 ちひろ (しみず ちひろ)

1,728,000円

製作年 2016年

製作地 Cremona

端正なストラディヴァリモデルで、丁寧なウッドワークと温かみのあるオイルニスで仕上げられています。
細身なボディからは信じられないほどの充実した音量を誇り、まるで数十年弾きこんだ楽器のような申し分ない音色を持っています。
非常にレベルの高い本格的ハンドメイド作品として、強くご推薦致します。

>音色視聴のページへ

製作者について高校のオーケストラでヴァイオリンと出会い、2003年渡伊。クレモナの国立弦楽器製作学校をロレンツォ・マルキの指導のもと卒業しました。卒業後、兄弟子にあたるベルナベウ・ボルハのもとでインターン生として働いたのち、独立。2015年より自宅に工房を構え、現在はパートナーとともにクレモナにて精力的に製作活動を行っています。丁寧なウッドワークと上品なニス、そしてオールド楽器を彷彿とさせる温かい音色が持ち味。

清水 ちひろ(しみず ちひろ)
  • くわしく読む
  • 閉じる

坂本 忍

坂本 忍 (さかもと しのぶ)

2,160,000円

製作年 2015年

製作地 Cremona

ルジェーリを基にしたデザイン。ストラディヴァリモデルに比べて、甘くふくよかな音色ながら充実した音量を得ることができます。どの音域でもイーブンに鳴り、操作性の良い作品です。上級者にも自信を持ってお薦め致します。

>音色視聴のページへ

製作者について1997年イタリアへ渡り、クレモナ国際弦楽器製作学校に入学。Pier Luigi Aromatico Fantoni と Riccardo Bergonzi の元で製作を学びました。現在は、修復の分野で造詣の深い宮川賢治氏に意見を求めつつ、クレモナで楽器の製作を続けています。自らが演奏していた経験から、チェロの製作に意欲的に取り組んでいます。

坂本 忍(さかもと しのぶ)
  • くわしく読む
  • 閉じる

憧れのアンティークチェロ

Alain Moinier

Alain Moinier (アラン・モワニエ)

432,000円

製作年 c.a.1990

製作地 Mirecourt

フランスの楽器製作の中心地ミルクールの工房製。
オベール社の先代社長の名を冠したこのモデルは、ミルクールの伝統的な製法を受け継ぐスチューデントモデルです。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Oskar Erich Heinel

Oskar Erich Heinel
(オスカー・エーリヒ・ハイネル)

1,620,000円

製作年 1893年

製作地 Markneukirchen

1800年代後半から1900年代前半に活躍した製作家。
ドイツのマルクノイキルヒェンにあった父の工房を受け継ぎ、独自のオイルニスを使って古い名器のレプリカを多く生産しました。
アンティークならではの雰囲気のある外観と、深い音色が魅力です。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Mathias Heinicke

Mathias Heinicke
(マティアス・ハイニッケ)

2,916,000円

製作年 1927年

製作地 Bohemia

マルクノイキルヒェンとイタリアで学んだ製作家。
マスターメイドにこだわり、ストラディバリ、ガルネリ、マジーニ、アマティなどの精巧なコピーを製作したことで知られています。
美しい一枚板が印象的な作品です。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Laberte-Humber

Laberte-Humbert
(ラベルテ・アンベール)

3,240,000円

製作年 c.a.1900

製作地 Mirecourt

1780年から続くフランスの大手メーカーの作品です。
Marc Laberteをはじめとした優れた製作家を擁し、手頃に手に入れられる質の良い楽器を多く製造しました。
この作品は見た目の美しさもさることながら、上級者でも十分手応えのある響きと熟成された深い音色が非常に魅力的です。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Amedee Dieudonne

Amedee Dieudonne
(アメデー・デュードネ)

6,480,000円

製作年 c.a.1940

製作地 Mirecourt

鑑定書 J.J.Rampal

Amedee Dieudonneは1890年生まれ。ブリュッセルの名工、Darcheファミリーの工房で働きました。その後ミルクールで独立し、イタリアのオールドヴァイオリンをはじめ、古い名器にならった丁寧な作品を作り続けたことで知られています。
オールドの風格漂う美しい外観と、張りのある音色が魅力です。

  • くわしく読む
  • 閉じる

特選チェロ弓

Klaus Grünke

Klaus Grünke
(クラウス・グリュンケ)

通常販売価格 810,000円 特価 648,000円

製作年 2015年

製作地 Bubenreuth

フロッグ Gold / Ebony

ジャーマンボウならではの力強さと温かさを兼ね備えた音色で、フレンチボウとは異なる魅力を楽器から引き出してくれます。音の立ち上がりや粒立ちも良く、弾き手にとってストレスのない弓と言えるでしょう。

製作者について 現代のドイツを代表する名工。同じく楽弓製作家である父Richard(リヒャルト)から指導を受け、28歳でマイスターの資格を取得。現在は楽弓に関わる書籍の出版や、オールドボウの鑑定なども手がけるまさに楽弓のスペシャリストとして活躍しています。

Klaus Grünke(クラウス・グリュンケ)
  • くわしく読む
  • 閉じる

Charles Nicolas Bazin

Charles Nicolas Bazin(シャルル・ニコラ・バザン)

Charles Nicolas Bazin
(シャルル・ニコラ・バザン)

通常販売価格 1,944,000円 特価 1,620,000円

刻 印 Collin Mezin Paris

製作年 1905-1910年

製作地 Mirecourt

鑑定書 Bernard Millant

最上級のフェルナンブコが使用されたこの作品は、やや軽めのスティックながら吸いつくような弾き心地で、充実した音量と音色を誇る傑作です。上級者のメインボウとして活躍できる一本でしょう。

製作者について Charles Nicolas Bazin(シャルル・ニコラ・バザン) は、1847年フランス・ミルクールで弓職人の父のもとに生まれました。父から弓製作を学び18才でその工房を継ぎ、伝統的な技術を守りながらも新たなスタイルを確立していきました。フランスの弓製作の文化の普及に尽力し、多くの優れた弟子を育てた人物でもあります。 彼の息子 Louis Bazin もまた偉大な製作家となりました。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Tibor Kovacs

Tibor Kovacs(ティボール・コバックス)

Tibor Kovacs
(ティボール・コバックス)

702,000円

製作年 2014年

製作地 Paris

モデル François Tourte

弓のストラディヴァリとも称される、François Tourte(フランソワ・トルテ)をモデルにした作品。鮮やかな発音で、色彩感のある多彩な音色を楽器から引き出すことができます。ゴージャスな音色を求める方にお薦めです。

製作者について幼少よりヴァイオリンの演奏に親しんで育った彼は、13歳ごろから楽器製作に興味を持つようになり、やがてクレモナの国際弦楽器製作学校へ進みます。クレモナで出会ったマエストロ E.Slaviero 氏の影響で弓の製作を始めた彼は、パリの世界的鑑定家 J.F.Raffin 氏のもとでさらに研鑽を積みました。トルテ、ぺカットをはじめ、あらゆるモデルで弓を製作しますが、それらは全て最高級のフェルナンブコ材のみが使われた逸品です。

Tibor Kovacs(ティボール・コバックス)
  • くわしく読む
  • 閉じる

Archet(アルシェ)

64,800円~

1983年に設立された、数少ない楽弓国産ブランド。
国際製作コンクールでの受賞や著名演奏家への納品など、そのクオリティの高さが世界で認められているメーカーです。

  • くわしく読む
  • 閉じる

VINCENT*(ヴァンサン)

367,200円

フランス・リヨンのダベール(Daber)工房の製品です。
高い技術力と豊富な経験を持つ職人たちによって作り出されている、上級モデルです。

  • くわしく読む
  • 閉じる

Finkel(フィンケル)

399,600円

初代Finkel Weidhaas(フィンケル・ヴァイドハース)より約150年続く老舗の弓メーカー。現在は4代目のJohannes S.Finkelによりスイスで製作が行われています。
海外で修行を積んだJohannesは、ドイツの伝統的な弓製作にフランス弓の製作技法を取り入れ、その音色と高い性能が世界中で評判となりました。

  • くわしく読む
  • 閉じる

WANKA(ヴァンカ) #24BS

453,600円

ドイツの人気ブランド。創業者Herbert Wanka はブーベンロイトで弓製作の修行に励み、その後は工房を立ち上げるまでの16年間、G.Schuster のもとで研鑽を積みました。
現在は、息子 Christian とともに親子で弓の製作を営んでいます。フレンチスタイルの弓とは異なる、独特の深く力強い響きをお楽しみ下さい。

  • くわしく読む
  • 閉じる

 この他にも多数ご用意しています! 展示状況についてはお気軽にお問い合わせください。

特価セット&スタンダードモデル

ピグマリウス スタンダードチェロ特別セット

ピグマリウス
スタンダード
チェロ特別セット

セット内容:本体・弓(アルシェSA3001)・ソフトケース
・弓ケース・松脂

定価 307,800円 特価 250,000円

日本の工場でセットアップされ、一年間保証書も付いている安心の一品。初めての方でも鳴らしやすく、明るく豊かな音色を楽しめます。

  • くわしく読む
  • 閉じる
Hagen Weise(ハーゲン・ヴァイゼ)320 特別セット

Hagen Weise
(ハーゲン・ヴァイゼ)320
特別セット

セット内容:本体・弓(アルシェSA3005)
・Carlo Giordanoハードケース

定価 1,015,200円 特価 820,000円

ドイツのメーカーの半手工品チェロ。チェロらしい深みのある音色が魅力で、弾き込むほどに味が出てきます。飽きの来ない豊かな表現力で、長く楽しめる一本です。

  • くわしく読む
  • 閉じる
Eastman VC-501

Eastman VC-501

356,400円

大人の入門者定番の1本。弾きやすく、豊かな音量です。

  • くわしく読む
  • 閉じる
Anton Prell(アントン・プレル)

Anton Prell
(アントン・プレル)

594,000円

ドイツの弦楽器メーカーの日本向けブランド。安心感のある作りで、良質な材料が使用されています。ワンランク上の響きを楽しみたい方に。

  • くわしく読む
  • 閉じる
Lothar Semmlinger

Lothar Semmlinger
(ローター・ゼムンガー)#130

410,400円

ドイツの名工ローター・ゼムリンガーの工房製の楽器です。
ゼムリンガーは優れた弦楽器メーカーですが、中でもチェロ製作を特に得意としており、音の立ち上がりが良く初心者の方でも弾きやすいのが魅力です。

  • くわしく読む
  • 閉じる
Atelier Claudiu Ciurba(アトリエ クラウディウ・チュルバ)

Atelier Claudiu Ciurba
(アトリエ クラウディウ・チュルバ)

1,490,400円

ハンドメイドの風格漂う楽器。
ルーマニアの工房で、1本ずつ丁寧に製作されています。
ハンドメイド作品にひけをとらない張りのある音色で、長く付き合える楽器と言えます。

  • くわしく読む
  • 閉じる

 この他にも多数ご用意しています! 展示状況についてはお気軽にお問い合わせください。

注目のチェロケース

チェロケース Carlo Giordano(カルロジョルダーノ)

Carlo Giordano
(カルロジョルダーノ)

定価 129,600円 103,680円

重さわずか3.2kg。アメリカ・デュポン社製塗料を使用した、傷に強い外装です。
★新商品 Carlo Giordano サテンシリーズCFC-2Sも展示!
定価 108,000円 86,400円

  • くわしく読む
  • 閉じる
チェロケース Carbon Master(カーボンマスター)

Carbon Master
(カーボンマスター)

定価 151,200円 120,960円

ドライカーボン製の超軽量かつ高強度なケース。シースルーカーボンの高級感溢れるスタイリッシュな外装も魅力的。
開閉しやすく、使い勝手の良いケースです。

  • くわしく読む
  • 閉じる
チェロケース Eastman Hybrid(イーストマン ハイブリッド)

Eastman Hybrid
(イーストマン ハイブリッド)

定価 108,000円 86,400円

カーボン&グラスファイバーの混合素材。リーズナブルなのに軽さと強度を兼ね備えたケースです。イーストマンならではのポップなカラーラインナップも魅力。

  • くわしく読む
  • 閉じる

 この他にも多数ご用意しています! 展示状況についてはお気軽にお問い合わせください。

*掲載価格はすべて税込みです。 
*随時入れ替え展示中につき、掲載商品がご用意できない場合もございます。予めご了承ください。

宮地楽器 小金井店ショールームについて

宮地楽器小金井店はJR中央線武蔵小金井駅より徒歩3分、東京多摩地区最大級の楽器店ショールーム。
ヤマハピアノ、ヨーロッパピアノ(海外輸入ピアノ)からエレクトーン、電子ピアノなどの鍵盤楽器および弦楽器、管楽器、
リコーダーを豊富に展示。試奏室完備。

所在地
〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10
営業時間
10:00~19:00
(年末年始・夏期の一部を除き年中無休)
最寄駅
JR武蔵小金井駅下車 北口より徒歩3分

TEL 042-385-5585

FAX 042-388-1188

▲TOP