宮地楽器小金井店弦楽器部門

メンテナンスの必要性/楽器本来の美しい音色を保ち、良いコンディションで弾くために、大切な楽器の「定期点検」をおすすめします

大切な楽器に何かの症状があった時、早めに対応すればその悪化を未然に防ぐことができます。
しかし、弦楽器は非常に繊細な楽器です。一般の方が手を加えることにより、症状がさらに悪化してしまうことも少なくありません。
調整・点検には専門的な技術や経験が必要です。どんな些細なことでも結構ですので、まずは私達にご相談ください。
他店でお求めになられた楽器でも大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。

なぜ「定期点検」が必要なのでしょう?

1. 定期的に交換が必要なパーツがあるため

交換の必要なパーツが消耗・劣化することによって、楽器が弾きにくくなったり、破損につながることがあります。
以下のような症状がありましたら、ご相談ください。

楽器
  • 駒が曲がっている
  • 雑音がする
  • 指板に弦を押さえた跡(凸凹)がある
  • アジャスターのネジが硬い
  • キズがある
駒が曲がっている状態
弓
  • 毛が汚れている
  • 松ヤ二を塗っても演奏時に弾きにくい
  • 手元の黒い皮が劣化している、剥がれている
  • 金属の巻き線がほどけている
  • 先端の白い部分が欠けた
弓毛とグリップが傷んでいる状態


2. 季節(温度、湿度の変化)による影響を受けやすいため

楽器や弓は、温度や湿度にとても敏感です。また年月が経つことにより変化する箇所もあります。
以下のような症状がありましたら、ご相談ください。

楽器
  • ペグ(糸巻き)が固くて調弦がしにくい
  • ペグ(糸巻き)がすぐに緩む
  • はがれやヒビがある
  • 雑音がする
  • 弦をおさえる指が痛い
割れ(はがれ)ている状態
弓
  • ネジをゆるめても、毛が休まらない
  • ネジを締めても、演奏に必要な毛の張り(テンション)に
    ならない
毛がたるんでいる状態


3. 弾き続けているうちに「違和感」がでることがあるため

楽器を長く弾き続けているうちに、その振動などによって駒や魂柱が動くことやパーツの金属部分のネジがゆるむことがあります。
以下のような症状がありましたらご相談ください。

  • 以前に比べ、音が変わった
  • 雑音がでる
  • 4本の弦のうち、端の弦をおさえると指板から指が落ちそうになる

このような症状がありましたらご相談ください

  • ヴァイオリン、ヴィオラが構えにくい
  • 弦が切れやすい
  • 移弦のときに隣の弦にあたりやすい
  • ペグ周辺で弦が傷んでいる(別の弦のペグに当たって、弦が傷んでいる)
  • エンドピンがとび出している
  • 弓のネジが硬い
  • 楽器の中に異物が入っている
  • よごれが目立つ(クリーニングがしたい)
ヴァイオリンのクリーニング ビフォー・アフター





〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10
宮地楽器小金井店ショールーム 弦楽器部門
電話 042−385−5585   Fax 042−388−1188  
お問い合わせメール 所在地地図・交通
営業時間 10:00 〜 19:00  *年末年始・夏期の一部を除き年中無休